『古典的条件づけ』と『オペラント条件づけ』とについて、それぞれ何かを日常的な具体例を挙げながら簡単に述べ、両者の類似点と

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数83
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    文字数2800字程度 A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「『古典的条件づけ』と『オペラント条件づけ』とについて、それぞれ何かを日常的な具体例を挙げながら簡単に述べ、両者の類似点と相違点をまとめよ。なお具体例に関しては、あなたにとって日常的なものを挙げるのがこのましいが、下記の語群の中から選択しても構わない。語群:パブロフの犬、恐怖、赤面症、禁煙、ギャンブル、パチンコ、言語、お金、ダイエット、イルカの輪くぐり、お手伝いする子ども、名画を見分けるハト」
    1.古典的条件づけ
    古典的条件づけは、レスポンス条件づけともいい、19世紀末にロシアの生理学者イアン・パブロフによって提唱された条件反応である。熱いものに触れると手を引っ込める(逃避反射)、膝の下を軽くたたくと下肢が跳ね上がる(市膝蓋腱反射)、赤ちゃんの口に指を近づけると吸い付く(吸啜反射)、食べものが口に入ると唾液がでる(唾液反射)、ほこりが目に入ると瞬きをする(眼瞼反射)といったような反応は、とくに教えられたり訓練されたりしなくても、誰もが同じように産まれながら身につけている反応である。これらの生得的な反応を無条件反応といい、この無条件反応を生じさせる刺激を無条件刺激という。
    パブロフは、犬..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。