福祉計画と福祉行財政について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数190
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉行財政と福祉計画  文字数2900字程度 A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉計画と福祉行財政について述べよ。」
    1.はじめに
    福祉計画とは、社会福祉の概念が広狭の多義にわたる解釈があるように、福祉計画についても言葉の用いられ方や意味するところは多様であるため、画一的な定義が存在しない。例えば、社会福祉の構造を①臨床、②経営・管理、③政策と便宜的に3層でとらえた場合、それぞれの領域に福祉計画の概念が存在することがわかる。ここでは、福祉計画が登場した背景、福祉計画の分類、そしてわが国の福祉行財政の特徴を示すとともに、今後の課題について述べていく。
    2.福祉計画登場の背景
    福祉計画が登場した背景としては、社会福祉の法制度が段階的に発展したことに起因している。
    まず、社会福祉の領域の拡大、少子・高齢社会の到来とともにサービスの絶対量がかつての福祉三法段階から比較できないほど増大しており、これらのサービスや関連する諸資源を効率的に調整したり、提供したりする際に、社会福祉政策の計画化の技術が必要になってきたことが挙げられる。このことは、国の社会福祉政策に限らず、都道府県や市町村にも必要不可欠となり、地域の実情に応じた福祉計画の進展をみせることとなる。
    次に、福祉行政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。