社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会調査法 文字数3000字程度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。」
    1.はじめに
    現代社会を送る上で、社会には様々な問題やニーズが潜んでいる。そのため、社会調査を行うのであるが、社会調査には、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の2つがある。ここでは、社会調査の意義と目的、そして量的調査と質的調査について述べていく。
    2.社会調査とは
    「社会調査」とは、一定の社会または社会集団における社会事象に関するデータを、客観的な方法(主として現地調査)によって、収集、処理、記述および分析する過程を通して社会事象を定量的または定性的に認識するために行われるものである。社会調査は、単に社会学という学問にとってのデータ収集という意味を持つだけでなく、政策決定や国民生活の様々な局面において広く活用され、自由で民主的な社会の維持と発展にとって、不可欠な要素であるという点に重要な意義を持っている。
    社会調査の目的は、調査対象にまつわる諸課題の理解と対応策の立案である。社会調査の基本的性格は、社会事象の科学的認識にある。しかし、社会調査は、科学的認識のみではなく実践..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。