相談援助におけるスーパービジョンの意義について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数109
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワークⅢ設題② 文字数

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明せよ。」
    1.はじめに
    ソーシャルワーカーの役割は、人間の福利の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々のエンパワーメントの解放を促すことにある。ソーシャルワーカーは、人間の行動と社会システムに関す理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入するため、社会福祉専門職として必要な資質を身につけ、クライエントへの援助の質を向上させなくてはならない。そこでスーパービジョンが必要とされる。ここでは、スーパービジョンの歴史的変遷、目的、機能、構造について述べていく。
    2.スーパービジョンの歴史的変遷
    ケースワークの源流は、慈善組織協会(COS)の活動にある。この慈善組織協会を支えてきたのが友愛訪問員と呼ばれるボランティアの働きにある。慈善組織協会の職員が、友愛訪問員を教育・訓練・指導するといったことを行うことが、スーパービジョンの始まりといわれている。
    その後、リッチモンドにより個人と社会環境との調整が行われるようになり、スーパービジョンにおいても、スーパーバイザーとスーパーバイジーの関係が治療的関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。