ソーシャルワークの理念について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワークの理念について述べよ。」
    はじめに
    ソーシャルワークの理念を明らかにすることは、ソーシャルワーク実践を向上せるうえで極めて重要である。ここでは、ソーシャルワークの理念について、ソーシャルワーク実践とそれを方向づける価値、そして、価値の基盤である人権尊重及び権利擁護について整理し、クライエントの尊厳と自己決定について説明する。
    1.ソーシャルワーク実践と価値
    理念とは、人々の決断や解釈の目的とされるものをいう。つまり、ソーシャルワーカーは、ソーシャルワークの理念に向ってソーシャルワーク実践を行っている。そして、ソーシャルワーカーは、理念として示された方向に向かって実践を積み重ねることになるのである。
    ソーシャルワークの理念には、ソーシャルワークの価値が反映されている。それは、ソーシャルワーク実践において、価値がソーシャルワーカーの判断に影響をしているのである。例えば、対象者の選定、対象者の支援の方向性、ソーシャルワーカーの時間の費やし方、社会資源の配分の仕方、クライエントを支援するアプローチや方法の選択、個々のソーシャルワーク実践での瞬時の判断など多くの場面で価値が影響..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。