精神障害者を対象としたケアマネジメントの原則、意義、方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数612
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出レポート設題2 文字数3000字程度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者を対象としたケアマネジメントの原則、意義、方法を述べよ。」
    はじめに
    ケアマネジメントは、ソーシャルワークの関連援助技術の1つであり、複合的なニーズを持っているクライエントと社会資源を結びつけ、クライエントの地域社会での生活を支援していく援助技術である。わが国においてケアマネジメントという用語は着実に浸透してきている。その理由に一つに、介護保険法の成立によって制度に導入された介護支援専門員(ケアマネジャー)の活動がある。ここでは、ケアマネジメントの発展の歴史から、ケアマネジメントの構成要素、原則、課題について述べる。
    1.ケアマネジメントの発展の歴史
    ケアマネジメントの始まりは、1970年後半にアメリカにおける精神障害者のコミュニティケアの推進プロジェクトからなる。北米の影響を受けたイギリスでは、1990(平成2)年に「国民保健サービス及びコミュニティケア法(コミュニティケア法)」が制定され、ケアマネジメントが制度化された。わが国では、1990(平成2)年に創設された在宅介護支援センターにおける実践がその始まりとされている。その当時の実践は、在宅サービスの充実に向けて利用者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。