地域を基礎とした相談援助の特徴と援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数376
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出レポート設題① 文字数3000字程度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域を基礎とした相談援助の特徴と援助過程を述べよ。」
    1.相談援助の展開過程の目的
     相談援助では、ソーシャルワークそのものの目的を目指すと同時に、相談における問題の解決を目指して展開される。国際ソーシャルワーカー連盟(IFSE)は、2000年に「ソーシャルワーク専門職は、人間の福利の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人びとのエンパワーメントと開放を促していく。ソーシャルワークは、人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入する。ソーシャルワークの拠り所とする基礎である。」とソーシャルワークを定義している。
    2.相談援助の展開過程
     相談援助の発展過程は、ケース発見・受理面接、問題把握、ニーズ確定、事前評価、支援標的・目標設定、支援の計画、支援の実施、経過観察、終結といったプロセスからなる。
    1)ケース発見・受理面接(インテーク)
     インテークは相談援助の最も初期の段階である。クライエントを大別すると、クライエント自身や家族が問題を感じ、自ら進んで相談し解決しようとするボランタリー・クライエントと、相談す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。