精神療法及び環境・社会療法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数218
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出レポート 文字数3100字程度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ。」
    はじめに
    精神疾患の治療には、身体療法、精神療法、環境療法、社会療法、精神科リハビリテーションなど様々な治療方法がある。これらの治療は患者自身の潜在的な問題解決能力を引き出すことにより、患者自身が自らの力で、症状の軽減や社会復帰を目指すものである。ここでは、精神療法及び環境・社会療法に述べていく。
    1.精神療法
     精神療法は、精神医学的治療の1つで、言語的、非言語的な対人交流を通して精神的な問題を解決し、悩みを軽減することを目的とした精神医学的および心理学的治療法である。精神療法の適応は、不安障害や身体表現症状などの神経性障害、うつ病性障害、パーソナリティ障害、精神医学的障害、一般身体疾患による心理的反応などであり、活発的な精神病状態、重篤なうつ状態や躁状態、脳の器質障害等では不適である。精神療法は、対象によって、個人精神療法、夫婦療法、家族療法、集団療法などに分類される。また、精神療法の技法に基づいて、洞察的精神療法、指示的精神療法、体験的精神療法に分類される。洞察的精神療法は、無意識な葛藤を洞察して精神症状を和らげることを目的とした精..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。