福祉国家の思想と原理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    文字数2550字程度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    はじめに
    福祉国家の成立は、ヨーロッパ諸国において今日の福祉国家の諸制度の原型の多くが成立した第一次世界大戦から第二次世界大戦の間もしくは、そうした諸制度が福祉国家という理念ももとに体系化された第二次世界大戦後であるとされている。そのため福祉国家の思想と原理について考察するにはヨーロッパ諸国の諸制度について検討する必要がある。ここでは、世界最初の福祉国家と呼ばれるイギリスのベヴァリッジ報告について述べるとともに現代社会における福祉施策との関連について述べていく。
    1.ベヴァリッジ報告の背景
    ベヴァリッジ報告とは、1942年12月にイギリスの経済思想家・福祉思想家であるウィリアム・ベバリッジ(William Henry Beveridge)によって提出された「社会保険および関連する諸サービス」という報告書である。
    イギリスの社会保障制度は、1601年に制定されたエリザベス救貧法に始まり、1834年の新救貧法が20世紀初頭まで続いていた。これらの制度は、それ以前にあった身分属性としての貧困に加え、資本主義の発達により、怠惰な貧民による貧困(個人貧)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。