国民年金制度の概要と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数215
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出レポート 文字数2900字程度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国民年金制度の概要と課題について述べよ。」
    1.はじめに
     国民年金制度は、日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基づき、老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によって防止し、もって健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的としている(国民年金法第1条)。この目的を達成するために、国民年金は、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとしている(国民年金法第2条)。ここでは、国民年金制度の概要について、国民年金制度の仕組みや財源について述べていくとともに今後の課題についても述べていく。
    2.国民年金制度の仕組み
    1959年(昭和34)年、国民年金法が制定され国民年金制度は開始された。わが国の年金制度は、国民年金、厚生年金、共済年金と制度が分立していたため、制定当初の国民年金制度は、厚生年金などの適用を受けていない者を対象としていた。1970年代後半に入ると、制度間の不合理な格差や年金扶助率の違いによる個別制度の財政基盤の不安定性等の問題が指摘され、1985(昭和60)年に国民年金法が改正された。この改正で、国民年金を全国民共通の基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。