地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数475
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出レポート A判定 参考文献を除く文字数は2750字程度です

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて述べよ。」
    はじめに
     地域におけるニーズは、近年めざましく多様化している。地域の特性や地域が直面する問題は、市町村内によって異なっている。特に巨大都市に人口が集中したことにより、家族形態や生活形態が変化し、従来までの地域の機能が寸断された。また、少子化と人口流入によって人口が減少した市町村では、地域の存立をめぐる状態に陥っている。一方、地域内においても、あるニーズに対して、満たされている地域住民と満たされていない地域住民が存在し、共存して地域生活を送っている。そのため、地域が直面するニーズとニーズを生じさせている要因などを明確に把握する必要がある。これからニーズと社会福祉援助活動とその展開について述べていく。
    1.ニーズ
     ニーズとは、一般的に人々が日常生活を維持し、社会生活を営むうえで充足されるべき基本的に必要なものを意味する。生活上で必要なものについて、通常人々は家族や市場、さらには一般的な行政サービスなどを通じて満たすが、種々の事情によってそれが不可能な場合やもともとそれらには適当な手段がない場合、特別な援助を必要と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。