在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について B判定 東京福祉大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数204
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出レポートです
    本レポートは2700字程度の記述です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ。」
    1.在宅福祉サービス
    多くの国民の願望として、福祉サービスが必要となっても、家庭にいながらの生活を継続していきたいという在宅福祉志向がある。このような願望を尊重し、保障することは、社会福祉を支える理念としてのノーマライゼーション、コミュニティケアの理念にかなうものである。
    わが国の高齢者の政策的対応は、在宅福祉推進の方向にある。1989年(平成元年)に高齢者保健推進十か年戦略(ゴールドプラン)が策定され、保健医療福祉サービス整備の基本的方向性が明らかにされた。1990(平成2)年の老人福祉法等福祉八法が改正され、1993(平成5)年には、当道府県及び市町村ごとの老人保健福祉計画の策定が義務づけられた。その結果に基づき、ゴールドプランは見直され、1994(平成6)年に新ゴールドプランが策定され、さらに1999(平成11)年には、今後5か年間の高齢者福祉施策の方向(ゴールドプラン21)が策定され、市町村の権限や役割の強化が図られた。2000(平成12)年4月には、在宅福祉を重視したサービスの基盤である介護保険制度が実施され、これまで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。