Z1001 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数269
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉人権経済宗教社会政治平等

    代表キーワード

    日本国憲法Z1001

    資料紹介

    Z1001
    日本国憲法
    合格済みレポート
    ※あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
    日本国憲法は憲法改正草案が繰り返し改正され1946年10月29日に可決されたのち、天皇の裁可を経て同年11月3日に「日本国憲法」という題名のもと公布され、その6ヶ月後の1947年5月3日から施行されたことにはじまる。この日本国憲法はそれまでの天皇主権とは変わり国民主義を基本原理とする。その日本国憲法の中でも基本的人権、ならびに、法の下の平等についてみていきたいと思う。
    日本国憲法における基本的人権は「公共の福祉」によって保護されている。しかしこの「公共の福祉」たるものが漠然としており、不明瞭であるため憲法上明文をもって基本的人権を制限できる根拠を定めるように改正すべきであるという意見がある。これに対し、「公共の福祉」たる観念の解釈、運用は裁判所が最終決定するもので、憲法を社会の要請に応えさせるのは、すなわち憲法そのものを不要にしてしまう、という意見の対立がある。これは以前の明治憲法とは異なる違憲審査権を裁判所に与えたことになる。憲法の解釈については裁判所、とくに最高裁判所が法的拘束力のある判断を下すのである。憲法の解釈は弾力性に加え流動性を兼ね備えて、社会の要請と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。