Z1118 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数363
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1118
    教育相談の研究
    合格済みレポート
    ※あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校のおける各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    近年、複雑な社会構造が発展していく中で様々な悩みを持つ人間が増加傾向にある。これら個人的な悩みを解決すべく「カウンセリング」という概念が生まれた。カウンセリングは発展するに伴い、それまでのカウンセリングが持っていたカウンセラー中心療法から患者主体のものへと移り変わったのである。これは以前までのカウンセリングのやり方では患者の自主性を奪い、カウンセラーに依存してしまい、結果として問題解決能力の消去へと繋がることが懸念された上での移り変わりだといえる。それ故、カウンセリングとは患者の自主性を養い、問題解決能力の獲得を前提に行われるべきであるとされてきた。そしてカウンセリングは今日、学校教育においても広く活用されている。では、このカウンセリングと学校における関連性についてみていきたい。学校をはじめとした教育現場で教師は授業をはじめとした様々な項目に取り組まねばならないが、このカウンセリングも例外ではなく教師が担うべき項目の一つであるのだ。学級担任をする教師は日頃から生徒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。