Z1103 教育心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数303
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Z1103
    教育心理学
    合格済みレポート
    ※あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ。
    子どもの心理的変化、またそれに応じた教育体制を段階別にみていきたい。まず幼児期を終え次に訪れるのが児童期である。それまでは家庭を中心とした環境で生活していたのが一変し、学校主体になる。小学校に入学すると、授業内で行われる話し言葉、板書される文字を読む、書くなども含め新しい生活環境に身を置くことになり、それに適応していかねばならない。単に読み書きだけでなく、それらを理解し、自分の考えを発表したりなど、伝達され交流する様々な情報を自分で整理し、適切に処理することが要求される。人と対話する際、それは書き言葉ではなく、話し言葉を用いることが必要である。書き言葉を「1次的ことば」、話し言葉を「2次的ことば」と称される。基礎となるのが前者であり、それに後者が重なる。2次的ことばについて、これは自分の経験を他者に伝達するための手段である。そのために自分なりに事前に起こったことを考え、頭の中で整理する必要があり、それらを発声しうまく伝えることが要求される。そのためには文法や文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。