Z1104 教育社会学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数400
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Z1104
    教育社会学1
    合格済みレポート
    ※あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。
     今日の教育の方針において学歴社会とは批判の声が多く見受けられるが、この学歴社会とは単に学歴を重視しただけの社会ではない。そして日本においては今日に至るまでの学歴社会の背景とは試験等に基づく、いわゆる評価のみを重視する傾向がある。これは試験のみでその個人一人ひとりを評価する理不尽かつ非人間的な社会であるとされてきたことを受け、あまり良いイメージを持たなかったといえる。さらに一流大学卒業後に一流企業に就職するものの、リストラ・倒産あるいは汚職やセクシュアルハラスメントといった問題を起こし、職を追われるケースも少なくはない。今日、教育面において取り上げることができる問題としては、公教育、つまり学校教育が教育のすべてだと捉えられていることが浮かび上がる。しかし、この公教育は教育全体の一部にすぎないのである。教育とは幅広く存在する、すなわち家庭や地域社会においても行われるべきものなのである。この点においては、公教育が重視されすぎ、子どもの生活世界を占める割合が学校教育のみで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。