Z1102 教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数403
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境発達経済子ども社会学校教師課題文化

    代表キーワード

    教育原論Z1102

    資料紹介

    A判定
    Z1102
    教育原論1
    合格済みレポート
    ※あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    オランダの教育人間学者ランゲルフェルドは人間には教育が必要であると唱えた。それに対しアメリカの教育学者ロバート・R・ハヴィガーストは人間の発達にはそれぞれに適した課題があると唱えた。彼が唱える発達課題とは、個人の成長への欲求と社会的・文化的環境からの要請をうまく調和させていくことにある。ハヴィガーストによれば、それらの課題は一度ではなく様々な時期に生じるものであり、ハヴィガーストは発達課題に関しては、「個人の障害にめぐりくるいろいろな時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成熟すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる」と説いている。そしてこの発達課題の源泉は3つある。第一に、身体的な成熟である。第二に、社会の文化的圧力である。第三は、個人的価値や希望・願望である。また彼が唱える発達段階は教育の視点から捉えられており、その教育の視点とは人間の成長・発達の保障という視点である。また発達課題を成熟する課程においては、教育者にも有益を与えるものとされている。ここで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。