P6701 異文化理解ヨーロッパ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数384
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6701
    異文化理解(西欧)
    合格済みレポート
    ※あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。
     欧州連合の目指すヨーロッパ統合とは、ヨーロッパの国境をなくすことである。しかしこれは各国民の生活様式をはじめとする経済や文化、あるいは国籍(これらはほんの一部にすぎない)といった様々な事柄が変わらざるを得ないことであるといえる。歴史上においてはなにかにつけてヨーロッパ人が命名することが多いのだが、事実としてヨーロッパという定義自体が未だに判明していない。また国民国家の成立の原点とされているヨーロッパであるが、これはヨーロッパ各国がフランスの民族自立主義を受けた結果であることがいえる。つまりヨーロッパ各国に「自由・平等・博愛」がフランス革命により広がったと言い換えることが出来る。
     上記で述べたようにEUが掲げる「国境なき共同体」の中においても実質的に統合されていない地域は依然として存在している。しかしこれはヨーロッパを客観的にみる場合と、主観的にみる場合とで少なからず差異は生じ得るのであり、EU内だけでな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。