【明星大学】【2015】病弱者の指導法2(PL3040)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数224
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策として、参考になれば幸いです。講評等はレポート本文に記載しています。

    【課題】
    1.病弱教育に係わる個別の教育支援計画作成の意義について述べよ。
    2.病弱教育に係わるセンター的機能について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.病弱教育に係わる個別の教育支援計画作成の意義について述べる。
     病気や障害のある幼児児童生徒については、学校生活だけでなく家庭生活や地域生活も含め、長期的な視点に立って幼児期から学校卒業後までの一貫した支援を行うことが重要である。そこで、家庭や医療、福祉や労働などの関係機関と連携し、様々な面からの支援が分かるようにしたり、一貫した効果的な支援を、学校等の教育機関が中心となって作成した計画が「個別の教育支援計画」である。病弱教育の対象である幼児児童生徒の病気や病状は一様ではない。そのため、個別の教育支援計画もそれぞれの病気に応じたものが必要になり、個別の教育支援計画をどのように活用するかも様々である。また、個
    々の実情に応じた個別の教育支援計画の作成・活用を通して、各機関の役割や各機関が実施している支援内容を過不足なく共有することが可能となる。
     その個別の教育支援計画の作成に当たっては、関係機関等がそれぞれの役割分担の下、多面的に実態把握や情報収集を行い、必要とされる支援の目標や内容を決定していく。幼児児童生徒の最大の理解者である保護者が参画することは必須であり、保護者及び本人の参..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。