【明星大学】【2015】病弱者の指導法1(PL3040)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数249
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策として、参考になれば幸いです。講評等はレポート本文に記載しています。

    【課題】
    1.病弱教育の意義について述べ、病弱児への指導に当たって大切なことについて述べよ。
    2.病弱児に関わる指導上の配慮事項について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.病弱教育の意義について述べ、病弱児への指導に当たって大切なことを3つの視点から述べる。
     病弱教育の意義は、病気が長期にわたる、わたる見込みがあるため、その期間医療や生活規制が必要な子どもに、学習の遅れを補完したり、心理的な安定を図ったり、健康回復・保持を図ったりしながら積極性・自主性・社会性を涵養することである。一般に、教育を受けている子どもは治療上の効果があるとも言われているが、具体的には以下が考えられる。①長期、短期、頻回の入院等による学習空白による学習の遅れの補完と学力の補償、②長期療養により乏しくなりがちな積極性・自主性・社会性の涵養、③病気に対する不安や家族・友達と離れた孤独感等を抱く子どもに対する生きがいや心理的な安定、健康回復への意欲を育てる教育の実施、④病気回復のための知識、技能、態度及び習慣や意欲を培い病気に対する自己管理能力を育成する(セルフケア) 、⑤病気回復のための制限による校外体験や観察活動等の不足を補い病状に応じた体験活動を行うなど視野を広める教育の実施、⑥自己管理をしながら体力の維持や増強に努めることを目的として様々に工夫されたスポーツに親しむなど健..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。