【明星大学】【2015】病弱者の心理・生理・病理レポート2(PL2040)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数283
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策として、参考になれば幸いです。講評等はレポート本文に記載しています。

    【課題】
    1.病弱教育の児童生徒における自己管理を支援する方法について論ぜよ。
    2.学校、保護者、地域との連携を理解し、ポートフォリオ作成の意義を理解し、まとめよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.病弱教育の児童生徒における自己管理を支援する方法を3つの視点から述べる。
     病気の自己管理能力の育成については、病気の状態等に配慮しつつ病気回復のための知識、技能、態度および習慣や意欲を培うことが大切である。それはつまり、児童生徒一人ひとりが、自分の病気の状態を理解し、その改善を図り、病気の進行防止に必要な生活様式についての理解を深め、それに基づく生活の自己管理が出来るようにすることである。
     そのための支援として、第一に無気力になりがちな子どもたちへのソーシャルサポート(社会的支援)があげられる。ソーシャルサポートとは、家族、友人、教師、医療者などの患者の周辺にいる様々な人々から得られる様々な形態の援助をいう。病気のために無力感に陥りがちな子どもたちの不安を軽減し、自己や他者への信頼感を高めながら成就感、達成感等を体験できる環境作りが求められる。児童生徒が困難な状況に直面した時に、慰めたり励ます(情緒的サポート) 、問題解決のために実際的に手助けする(実態的サポート) 、問題解決のために役立つ情報を提供する(情報的サポート)ことは、病気に立ち向かう行動や思いを促進したり、維持した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。