【明星大学】【2014】聴覚障害者の指導法レポート(PL4020)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数226
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策として、参考になれば幸いです。講評等はレポート本文に記載しています。 

    【課題】
    聴覚に障害のある児童生徒が、教科の学習をしている。教師が配慮しなければならない指導上の留意事項について説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     聴覚に障害のある児童生徒が教科の学習をしている際、教師が配慮しなければならない指導上の留意事項について、聴覚障害の実態把握と各教科の指導を中心に述べる。
     聴覚に障害が生じると、環境にある音や音声の知覚に困難を感じるようになる。早期に聴覚障害の有無を判定するシステムが整備され、医療や教育の専門家等と養育者が適切な連携を取り、実態の把握や対応を進めていくことの重要性が認識されつつある昨今でも、聴覚障害の実態把握なしに適切な教育的支援を行うことはできない。まずは、そのための実態把握について3点述べる。第1に、聴覚障害の原因、部位、程度等について基本的な理解が必要となる。加えて、聴覚スクリーニング検査の流れや判断基準、養育環境についての理解、補聴器をはじめとする聴覚補償機器についての知識や操作・調整の技術、人工内耳手術や機器についての基本的知識も必要となる。子どもの聴覚障害に関する実態把握とともに、聴覚を活用しやすい環境整備やかかわり方の工夫も必要となる。第2に、コミュニケーションに関することである。聴覚障害は音に依存するコミュニケーションの発達を困難にする。聴覚-音声のチャンネルが円滑に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。