【明星大学】【2014】知的障害者の心理レポート2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数262
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策として、参考になれば幸いです。講評等はレポート本文に記載しています。 

    【課題】
    1.知的障害児における社会的スキルの必要性について論じ、基本的な訓練技法についても述べよ。
    2.知的障害児へのコミュニケーション指導の配慮事項と指導の実際について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 .知的障害児における社会的スキルの必要性と、基本的な訓練技法について
     社会的スキルとは一般的に「社交的な技能」 、「人とうまく付き合う方法」である。狭義には、対人場面において相手に適切かつ効果的に反応するために用いられる言語的、非言語的な対人行動をさす。知的障害の要件は①知的機能(知能)に障害がある、②適応行動に障害がある、 ③発達期(⑱歳以前)に生じる、の3点であるが、社会的スキルと関連する②の適応行動とは、言葉の理解と表出・読み書きなどの概念的適応スキル、対人関係・責任感・ルールに従うなどの社会的適応スキル、日常生活活動・職業的スキル・安全確保など実際的適応スキルをさす。知的障害児においては、これらの各スキルにおいて何らかの困難があるものと捉えられる。その困難さ故に、対人関係でつまずきを起こしたり、適応上の問題を引き起こす可能性が高いと考えられる。知的障害児であろうとなかろうと、社会参加において適応行動に関する各スキルを磨くことは重要であり、知的障害児の社会参加を促進し、彼らの生活の質の水準をあげるためにも 、社会的スキルを身に付け、伸ばすことが必要である。
     基本的な社会的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。