【2014】【明星大学】知的障害者の生理・病理レポート1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数509
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策として、参考になれば幸いです。講評等はレポート本文に記載しています。

    【課題】
    発達障害の定義と発達障害を引き起こす原因を具体的に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     はじめに発達障害の定義と発達障害を引き起こす原因について述べ、続いて種々の発達障害の詳細について具体的に5つの障害を述べる。
     発達障害は、人が生活を展開するうえで行う外界との相互交渉の円滑な遂行を妨げるもので、発達期(乳幼児期から青年期まで)に認められる障害の総称である。例えば視覚障害、聴覚障害は入力情報の取り込みもしくはその処理の困難であり、肢体不自由は運動出力障害が外界との相互交渉を困難にする。精神遅滞、自閉症などは中枢における情報処理障害が外界との円滑な相互交渉を困難にしているものである。発達障害は具体的には、精神遅滞、脳性まひ、てんかんの3者を包括する概念として生まれ、その後漸次、自閉症、学習障害などを加えて最終的には、重症心身障害を含め㉒歳以前に発症したすべての障害および慢性疾患を含むものとして定義づけられた。発達障害の原因は、①遺伝子によるもの、②染色体異常、③胎芽期・胎児期における環境からの有害因子による発生異常、④出生にともなう周生期障害、⑤生後早期の外傷・疾患・栄養障害等、の5つに分けることができる。これらの原因による遺伝プログラムの異常や、発生発達途上における外..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。