救急処置法 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数747
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポートテーマ
    「現代社会における問題点を念頭に救急処置を学ぶ目的、並びに意義について
    広い視野にたって考察する」
    現代社会は多くの問題を抱えている。一つは高齢社会により単身生活の高齢者が増えたことだ。一昔前は二世帯、三世帯が同じ家で共に生活していたが、現在は高齢化と少子化も相まって単身生活や高齢者だけの世帯が増加してきた。その高齢者に対し救急処置が必要な場合、傷病者の発見が遅れ命の危険を増加させる可能性や、高齢者一人での処置には限界があるため、処置の遅れなどに繋がる。車社会により高齢者の運転手が増え、事故が増加、また高齢による持病の悪化などにより高齢者の事故や病気は増加している。
    次に集合住宅の増加による人間関係の希薄だ。大型になると200世帯以上が同じマンションに住むケースが多い。隣近所の名前や顔は把握しているが、全ての住人の名前や、顔まで把握している居住者は少ないだろう。都心部に来れば来るほど近所付き合いは希薄になり、自己中心的な居住者が多いのも実情だ。異様な犯罪が多くなる時代ゆえに、希薄になってしまったのかもしれないが「自分達家族さえよければ」という考えが、隣近所との人間関係を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。