スポーツメンタルマネジメント レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数373
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                           
    課題1 
    「スポーツ現場でなぜスポーツメンタルマネジメント(トレーニング)が必要になったか述べよ。」
    スポーツメンタルマネジメントは、競技場面において「あがり」などの心理的問題への対処をきっかけとしてはじめられた。大きく注目されたのは、1984年、アメリカにて開催したロサンゼルス・オリンピック大会だ。同国の強化策の1つとして臨床心理学者を始めとする専門家たちが、選手たちの心理面のサポートを行い、成果を上げた。トップレベルの選手になると、技術、体力の差は僅差であり、勝敗を左右するのが心理的スキルに関与する場合がある。集中力や、競技中の心理状態、競技に至るまでの心理状態が競技に与える影響は、1986年村木らの調査結果(陸上短距離走決勝進出者に対する成績調査)で認められている。
    当時、日本の精神面の指導は根性主義があった。ベテランの選手も、長年の競技経験を通して、身体的スキルと同様に、心理的スキルを身見つけていった。しかし、この過程では莫大な時間が必要となり、スキル取得に至らない場合もある。指導者も、精神的な強化が必要にもかかわらず、それを回避..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。