救急処置法 試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数342
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信制大学にて使用したレポートです
    参考にして頂ければ幸いです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1.
     学校では、生徒や児童の予測不能な傷病に遭遇する機会が多く存在する。学校内で救急処置が必要な事案が発生した場合は、直ちに適切な判断・処置を行うことで、その後の生徒、児童の予後を良好にすることができる。この一連の流れをスムーズに行うには普段から、教員を始めや地域医療機関、地域住民との連携、組織作り、並びに訓練が必要となる。今回は、学校現場での事故防止、実際の傷病発生時の対応、普段からの組織作り、訓練など、自身の考えを述べていきたい。今回は一例として、最も予後に多大な影響を出しやすく、重要である「突然死」視点を当てていく。
    学校管理下における生徒、児童の突然死は稀ではあるが、発症すれば命に大きな影響を出し、地域や、家族に対する影響も甚大である。突然死の発症率は、小学校高学年になるにつれ上昇し、進学後の中学校、高等学校と年齢により発症率も上昇する。男女比は男子に多く発生する。発症時間帯は、午前中に多く、ランニング、水泳、球技などを行っている最中(運動強度の強いもの)に発生しやすい傾向がある。また、先天的循環器に突然死の要因を持っている場合もあり、大動脈狭窄症や肥大型心筋症、マルファ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。