【日大通信】商品学(科目コードS30300)分冊1 合格リポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数239
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【日大通信】商品学(科目コードS30300)分冊1 合格リポート

    〈課題〉
     現代商品の商品特性を考える—○○○○○について−−
    注意:必ず、各自でサブタイトルの○○○○○を提示してリポートすること。
    〈ポイント〉
     現代商品は、モノ性・サービス性・情報性が結合して、商品価値が形成される。その構造や論点が提示されていること。
    〈キーワード〉
     機能・性能、サービス、付加価値、便益の束、商品価値の形成
    〈参考文献〉
    経済専門誌、経済新聞・業界新聞・一般新聞


    丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品学(科目コードS30300)分冊1
    〈課題〉
     現代商品の商品特性を考える—○○○○○について−−
    注意:必ず、各自でサブタイトルの○○○○○を提示してリポートすること。
     商品は、企業が生産し販売するものであり、現代ではほとんど全てのものが、実際に取引され販売されることを目的に生産されている。つまり、売ることを目的に生産され、「市場」で取引さされるものが「商品」である。その商品は、市場で消費者に便益(有用性)と効用(満足)を与え、販売者が収益を得られることが前提となる。マーケティングでは商品を「消費者の問題を解決する『便益の束』」として捉えている。分かりやすく言い換えれば、消費者に「モノ」そのものではなく「コト」も含め提供すると言える。最近の消費者は清酒そのものを買っているのではなく、清酒の持つ「豊かな食生活」「生活の喜びと安らぎ」「コミュニケーションの円滑剤」「健康」等の価値を買っている。この便益の束が商品の中核部分である。
     しかし、商品の持つ価値とそれを実現するための費用は、常にトレードオフの関係にあるため、消費者の高いニーズ・ウォンツに対し、常にそのための商品を安価で供給..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。