P6701 異文化理解(西欧)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数341
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学通信教育
    P6701 異文化理解(西欧)
    第1設題「EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。」
    A評点レポートです。参考として学習にお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。
     EU統合については、欧州共同体ECから国家としての国境の障壁を徐々に、しかし着実に取り除く努力がされてきた。ECでは、経済的な国境を取り払って、自由な市場を作ること、つまり経済的統合が実現された。それに関連して人や物、金、サービスの域内自由移動がほぼ実現されたことになる。EUではマーストリヒト条約が締結され、「国境なき共同体」をキーワードに経済的統合から一歩進め、通貨や政治統合へと統合の度合いを強めるわけである。
     そして、このマーストリヒト条約の締結により、EUに暮らす人々は様々な権利を獲得することになる。マーストリヒト条約は、統一通貨にいたる経済や通貨同盟、国際的にヨーロッパのアイデンティティを示すための共通外交や安全、防衛政策、さらに加盟国間の内務や司法協力を目標に掲げている。またそれと同時に、欧州連合市民権の創設により構成国出身者の諸権利および諸利益の保護を強化することも連合の目的としている。この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。