Z1001 日本国憲法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数178
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学通信教育
    Z1001 日本国憲法
    第1設題「法の下の平等について」
    C評点レポートです。参考として学習にお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
     現在の日本の最高法規である日本国憲法。最高法規というのは国法体系のうちで最も強い形式的効力を持つものであり、それと矛盾する国の法規範は効力を持たない。憲法98条1項においても「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」と規定している。日本国憲法は第二次世界大戦終戦後に成立した。戦後、戦勝国である連合軍が日本を占領している時期に、連合国総司令部が起草した草案をもとに、日本政府の案の作成や帝国議会での修正も全て連合国総指令部の監視と指導のもと成立に至った。この連合国総指令部が起草した草案は天皇の地位、戦争放棄、封建制の廃止を掲示したいわゆるマッカーサーの三原則を基礎とし、民主、自由、平和の原則に徹底したものであった。この草案はそのまま政府によって採択され、憲法改正草案要綱として発表され、当時の世論はその民主化の方向を歓迎した。しかし、現在でも、当然のことながらこのような過程で成立した日本国憲法を、日本国民自らの発意にもとづき、自由で自主的な意思によって成立したものではないという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。