Z1104 教育社会学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数157
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育
    Z1104 教育社会学1
    第1設題「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。」
    B評点レポートです。参考として学習にお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。
     学歴社会。この言葉はどのような社会を表し、またどのようなイメージを持たれているのか。今日の日本ではあまり良いイメージを持たれていないと言える。「学歴社会=学歴こそがその人の評価を決める。」とされ、その人が内面的に持つ資質や能力を考慮せず、うわべの「勉強ができるかどうか。」や学歴だけでその人の評価を決める社会というイメージが持たれている。学歴社会だと言われる今日の日本で暮らす我々のなかにも、受験競争を勝ち抜いて良い学歴を手にしないと良い就職先に入れないという意識がある。それではなぜ今日の日本が良いイメージを持たれてない学歴社会として発展してきたのか。
    日本の学歴社会のおこりは明治時代だと言われている。近代化を目指した当時の明治政府は、各分野における優れた人材と、それらを質的、量的に安定して供給してくれる機構を必要とした。欧米諸国を強く意識し、それらに追いつこうと富国強兵を掲げ国の発展を目指した為である。それまでの身分階級によって人の教育や職業が決定されるシステムでは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。