地域福祉とは

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数335
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉と現状についてのレポートになります。
    支援などについてわかりやすいレポートになっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉とは、様々な問題を抱えている人々が地域において自立生活できる様、必要なサービスを提供する事で、社会資源の活用・社会福祉制度の確立・福祉教育の展開が総合的に行われる。その様な中、社会福祉協議会には、地域で安定した生活が出来る様な街づくりを地域住民と協力しながら進めていくという事が求められる。社会福祉協議会基本要項においては「一定の地域社会において、住民が主体となり、社会福祉、保健衛生その他生活改善向上に関連ある公私関係者の参加、協力を得て、地域の実情に応じ、住民の福祉を増進する事を目的とする民間の自主組織」と規定される。地域福祉を実践する主体は、市区町村、都道府県、全国であるが、現在殆どの社会福祉協議会が法人化されており、大きく公的機関と民間機関に分けられ、社会福祉協議会は民間機関に分類されるものであり、民間組織としての自主性と広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性という2つの側面をあわせもった、民間団体である。市町村社会福祉協議会の役割は、社会福祉法109条により地域の社会福祉活動実践の拠点と位置づけられており、主な活動としては、1,住民の生活支援事業①在宅福祉サービス(障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。