保健医療とは

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数250
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらも優を頂いた保健医療についてのレポートになります
    総数はぴったり2000字になります。
    参考は中央法規の教科書になります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健医療とは、予防や治療・リハビリテーションおよび保険増進までを含む、人間の健康と生活を維持するために必要不可欠な基本的ニーズに対するサービスである。日本の保健医療政策が持つ最大の特徴は、自由開業医制を基本としながら、健康保険方式をさいようしたところにある。自由開業医制を基本にするということは、民間病院や開業医などの私的医療機関が医療費の大部分を担い、国家の医療費支出は最小限に抑えられる低医療費対策であることを意味する。すなわち、医療従事者の人件費、医療機器など施設導入・更新費・病院の開設・改築資金などの医療サービスのために必要な資金が国家財源から支出されず、各医療機関の開設者にこうした資金の調達が強いられる。その一方で、社会保険方式とは、保険料の審査により診療内容が一定の制限を受けるものである。日本は、国民皆保険のもと混合診療を原則禁止して、すべての国民に対する公正な医療保障を目指してきた。また、医師には、医師法や職業倫理において治療を拒否できないこと、営利を目的とした開業ができないことが定められている。医療と福祉の関係は、ともに日本国憲法第25条において「国民の最低限の健康と生活を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。