バリアフリーと課題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数604
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    バリアフリー新法と旧法についての違いと、現状、課題について。
    約2000字です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バリアフリーとは、対象者である障害者を含む高齢者等の社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語である。心身の障害などでハンディキャップのある人にとって、障壁(バリア)となる物理的(建物構造・交通機関など)、制度的(障害を欠格条項とし、資格取得に制限があるなど)、文化・情報面(点字・手話・音声案内・字幕・分かりやすい表示の不備)、意識(偏見や先入観)が取り除かれた状態を言い、その取り組みがバリアフリー化である。これらバリアフリーに関し、建物のバリアフリー対策(ハートビル法)と交通車両や施設のバリアフリー対策(交通バリアフリー法)の2つの法律が定められていた。建物のバリアフリー対策(ハートビル法)は、年々増加する高齢者・身体障害者の伴い、本格的な高齢社会に備えて、高齢者や障害者の一層の自立と社会参加を促すために、1994年に制定された。本法律は、あらゆる人の利用が想定される建築物の建築者に対し、高齢者や身体障害者が、円滑に建築物を利用できる措置を講ずることを「努力義務」として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。