精神保健福祉士の業務内容

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数404
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらも学校で優を頂いたレポートです。
    精神保健福祉士の役割と、業務内容、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉士の仕事は、精神に障がいを持つ人の相談にのり、社会復帰のための助言、指導を行うことである。具体的な業務内容は現場によって異なるが、他業種の専門家とのチーム展開を基本として、メンタルヘルスや福祉に関する専門的な知識を生かし、利用者の生活支援を行うことが精神保健福祉士の役割である。さらに、病院外の専門機関との連絡調整も行い、日常生活に適応するための援助や社会参加への手助けをしていき、心に病を抱えた人の一番の味方となってトータルサポートをする精神保健福祉士は、医療現場と地域社会の橋渡しをする重要な役割を担っている。精神保健福祉士の主な業務は、精神障がい者に対する相談援助であり、他業種の専門 家と連携して仕事にあたるのが特徴である。たとえば精神科の病院などでは、医師や看護師、作業療法士や臨床心理士などとチームを組んでメンタルヘルスケアなどの支援を行い、一方、社会復帰施設などでは、日常生活に適応するための訓練や就労前トレーニングなどに協力し、作業を通してスムーズに社会参加できるようサポートをするなど連携をしながら業務に携わっている。また、最近では教育現場のメンタルヘルスに関する相談援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。