地域における精神保健活動という観点から

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数188
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは学校で優を頂いたレポートです。(1439文字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域における精神保健活動という観点から、わが国の精神障害者にかかるほうの返還を見ると、1950年の精神病者監護法と精神病院方を廃止して、精神障害者の医療及び保護を行い、且つ、その発生の予防に努める事により国民の精神的保健の保持、及び向上を目的とする精神衛生法から始まった。実際には、精神障害者の精神科病院への入院による医療、及び保護が中心であったが、1984年の宇都宮病院事件による人権侵害が国際的に取り上げられ、1987年の国民の精神的健康の保持、増進を目的とし、国、地方公共団体、国民の明確化、任意入院のどう入院の導入、精神保健指定医制度導入、更に都道府県に精神病院、精神衛生相談所の設置を義務付け、精神衛生鑑定医制度を組み込んだ精神健康法の改正が行われた。また、一方で保健所では1947年に制定された保健所法によって、疾病の予防や健康の積極的な向上と増進、生活環境の安全と快適さの維持などを図ることを目的とした。地方分権の流れによって1982年以降、精神科医療と精神保健に関する法的枠組みが変化し、1985年の医療法の改正や1990年の老人保健法の改正など、二次保健医療福祉圏域を定め、身近な保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。