明星大学レポート 【2012年度】 教育原理_2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数198
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一発合格レポートです☆
    よかったら参考にしてください♪

    《講評》
    戦後の教育改革と現代の教育課題について適切にまとめられてます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原理 【2単位目】
    ○課題
    1. 戦後日本の教育改革について3点を取り上げ、要点をまとめよ。
    2. 現在の学校教育の課題について考察せよ。
    ----------------------------------------------------------------------------------------
    (1)戦後、わが国では急速に教育改革が行われてきた。その中のうち、3点の論点を取り上げ、要点をまとめ、今日の教育問題を考える手掛かりとしたい。
     まず一つ目は、「教育勅語体制から憲法・教育基本法体制へ」についてである。戦前教育は、天皇大権に基づく「勅令」によって定められ、中央集権体制の下、教育行政が行われてきた。しかし戦後は、日本国憲法の制定によって、国民は等しく教育を受ける権利を得、全ての教育行政は、国会で定められた法律に基づいて行われることとなった。教育は「地方の義務」とされ、地方分権的な制度に転換された。さらに、昭和22年には、日本国憲法の3大原理を基調とした「教育基本法」が制定され、わが国の戦後教育改革の中で中心的地位を占める法律となったため、戦前指導原理の役割..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。