S0106 教育社会学レポート 第1設題・第2設題セット 佛教大学2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数333
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価合格済みです。 指定テキストのみを使用し、9割以上がテキストの書き写しとなっています。最後のまとめに少し私見が入っているだけです。 そのためレポート作成の参考にしやすいと思います。 レポートの丸写しは履修停止等処罰の対象となりますのでご注意下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    これまで日本では、学歴社会はあまりいいイメージをもって語られることはなかった。「受験地獄」や「偏差値輪切り体制」などという言葉とともに用いられ、その人間が内面的に持つ「本来の資質」を考慮せずにうわべの「勉強が出来るかどうか」だけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることが多かった。そして現在、学歴社会の崩壊が盛んに叫ばれている。その学歴社会とは何をあらわすのだろうか。
    学歴社会とよく混同される言葉に高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされ、日本やアメリカ合衆国、カナダなどが数少ない高学歴社会である。
    一方、学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられている。学歴は配分の基準として考えられるのであり、論理的には「低学歴社会だが学歴社会」という社会もあり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。