佛大【教科教育法 情報 第2設題】

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数292
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題: 情報通信技術の進展は、単にコンピュータやインターネットが教室に導入されるという問題だけでなく、パラダイム転換が重要であることが指摘されています。そのときのパラダイム転換とは何を意味しているかを批判的に考察してください。

    評価: A

    所見: とりあげた例が具体的でわかりやすい。レポートの内容も大変よくまとめられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題:情報通信技術の進展は、単にコンピュータやインターネットが教室に導入されるという問題だけでなく、パラダイム転換が重要であることが指摘されています。そのときのパラダイム転換とは何を意味しているかを批判的に考察してください。
    現代社会においては、工業社会から情報社会へ移り行く中で、情報通信技術の進展が私たちの日常生活で大きな役割を果たしている。例えば、パーソナルコンピュータや携帯電話、冷蔵庫・洗濯機のような電化製品などは、私たちの生活をより便利により豊かにしている。また、電子政府や遠隔医療サービスなどの公共サービスにおいても同じことがいえる。
    一方で、情報社会における問題も様々な形で発生している。例えば、携帯電話などを利用したいじめや犯罪、情報機器に依存した心身への悪影響などが挙げられる。さらには、情報や知識を得る機会や手段を持つ人と持たない人には、社会的・経済的な格差が生じるデジタル・デバイドも大きな問題と化している。
    このような中で、情報教育におけるパラダイム転換について述べていきたい。まずは、教育工学における学習理論をまとめる。そして、パラダイム転換について述べ、現代の情報社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。