佛大【情報ビジネス】

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数244
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題: マスメディアの中から一つだけ(新聞を選択)を選択し、その産業の歴史的な変容や文化への影響、今後の可能性、そして課題について、具体的な事例をあげながら私見を記せ。

    評価: B

    所見: 新聞産業の現状や課題、今後の展望についてまとめており、個人的な新聞観は興味深い。
    歴史的な変容や文化への影響に関する議論が抜けている。
    新聞はどのように発展し、われわれの生活に影響を及ぼしてきたのかといった点も考察すべきである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私たちは現代社会において、情報を迅速かつ確実に得るために、複数のメディアを組み合わせながら利用している。そもそも、メディアとは情報を人々に伝える機関や事業・システムであり、また、情報やデータを記録・伝送するのに使われる物理的実体・装置などのこともメディアを指す。近年においては、インターネットやWebサイトなども一種のメディアとみなされるが、これは大勢の人に向かって一斉に情報を発信する新聞や雑誌・テレビ・ラジオなどとまとめて、マスメディアの意味で用いられることが多い。さらに、私も普段使っているフラッシュメモリなどの記憶装置もメディアの一種として手放せないものとなっている。
     私たちは、たくさんのメディアを利用しながら生きている。とりわけ、私はマスメディアの中から新聞に注目し、現代社会に果たす役割と課題について考えていきたい。
     日本における新聞の歴史はマスメディアの中で最も古く、19世紀後半に誕生した。新聞は、人が発する言葉という情報を文字を用いて表したものである。私たちが毎日読んでいる新聞と当時の新聞を比べても、静止画が加わる以外に大きな違いはないと思う。テキストを見てみても、細かい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。