佛大【コンピュータ論 第2設題】

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数287
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コンピュータの処理速度を上げるには、どのような方法があるか、具体的なケースに即して述べよ。

    評価: B

    所見: 具体的なケースを想定すること。なぜ速くなるかを原理・構造から丁寧に説明すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題:コンピュータの処理速度を上げるには、どのような方法があるか、具体的なケースに即して述べよ。
    情報通信技術の進展に伴い、コンピュータは日々進化を遂げている。私たちが普段使用しているパーソナルコンピュータ(以下パソコン)においても、快適なインターネットや音楽・画像編集のような複雑な処理までできるようになった。ただ当時は、コンピュータを“計算する道具”として使っていたが、現在においてはそれだけにとどまらず、ストレスを感じさせない“データ処理としての道具”として利用されていることが多いといえる。このストレスとは、コンピュータに指示を出したときのレスポンスの長さ=処理速度を指している。例えば、パソコンのデスクトップからインターネットへ接続するためのアイコンをマウスでダブルクリックした時から、インターネットの画面が表示されるまでの時間である。そこで、処理速度を上げる方法を具体的に述べたい。
    はじめに、コンピュータのハードウェアの基本的な構成をみていきたい。コンピュータは、キーボードやマウスなどの入力装置、ディスプレイやプリンタなどの出力装置、CPUなどの中央処理装置、主記憶装置、そしてハ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。