佛大【コンピュータ論 第1設題】

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数412
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:情報セキュリティを高めるためにどのようなことが必要となっているか述べよ。

    評定:B(3,670文字)

    所見:セキュリティの脅威に対し、分野・方法等を示して論述している。ただし、安全対策基準・指針等も参考にして論述を深めてほしい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題:情報セキュリティを高めるためにどのようなことが必要となっているか述べよ。
     情報通信技術が発達した現代社会において、私たちは常にインターネットやコンピュータを安心して使いたい。ここでは、ネットワーク環境を取り巻くあらゆる脅威について、また、その脅威に対して必要な情報セキュリティについて考えていきたい。
     はじめに、情報セキュリティとは何かを確認しておく。情報セキュリティとは、情報の機密性・完全性・可用性を確保することと定義されている。機密性とは、ある情報へのアクセスを認められた人だけが、その情報にアクセスできる状態を確保すること。完全性とは、情報が破壊・改ざん、または消去されていない状態を確保すること。可用性とは、情報へのアクセスを認められた人が、必要時に中断することなく、情報にアクセスできる状態を確保することをいう。
     それでは、情報セキュリティにおける脅威や危険性についてみていきたい。これは、個人単位と企業・組織単位で異なり、さらには火災や停電・サイバー犯罪などの人為的なもの(人災)と地震や水害・落雷などの自然災害(天災)がありこれらについて述べる。
     まず、個人単位でみ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。