商法分冊1(科目コードS30200)商業登記はどのような機能を有する制度か、その機能を発揮させるために法はどのように規律

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数332
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、商法分冊1(科目コードS30200)の合格レポートです。参考資料としてお使いください(丸写しはご遠慮願います)。

    課題内容
     商業登記はどのような機能を有する制度か、その機能を発揮させるために法はどのように規律しているか。

    参考資料 日大商法教科書

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     商業登記とは、商法および会社法等の規定に基づき、商業登記簿になす登記をいう。商業登記制度は公示主義に基づき、営業上の機密を害しない範囲において、商人に関する取引上重要な事項を公示させることにより、商人の信用を保ち、一般公衆の不測の損害を防止して、企業取引の円滑と安全を確保することを目的とする制度である。
     企業は自らに関する様々な情報を提供しながら、企業組織を形成し、企業活動を展開している。他方、企業に関わる者は当該企業が実在するのか、取引権限のあるのは誰でその権限はどこまでか、企業の資産状況・支払い能力の程度はどうか等、企業に関する多くの情報の入手を望む。ところが、企業が自発的に提供する情報と、企業に関わる者が入手を望む情報とは必ずしも一致しない。また、企業に関わる者が独力で適時に必要な企業情報を入手することは極めて困難であり、場合によっては事実誤認による紛争の禍根となる。
     そこで商法・会社法は、企業に関する基本的で重要な事実を利害関係人に周知させるための特別の手続を定めて企業にその履践を要求し、企業と利害関係を有する者に情報入手の便宜を図って取引の安全を確保するとともに、商人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。