商学総論メディア後期課題試験 小売商業形態の変革化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数589
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、商学総論メディア後期(MB)課題試験の合格レポートです。参考資料としてお使いください(丸写しはご遠慮願います)。 
     課題内容
     小売商業形態の変革化についてまとめてください

     参考資料
     日大通信商学総論教科書

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    小売商業形態の変革化についてまとめてください。(2000文字以内でまとめてください)
    小売業の代表的な定義として、アメリカ・マーケティング協会では、「小売業とは、最終消費者への直接販売に伴う諸活動である」と定義している。小売業を分類する基準は多岐に及び、
    (1)日本標準産業分類における分類
    (2)業態に基づいた分類
    (3)集積形態と組織形態による分類
    (4)日本商業学界の用語定義委員会の分類
    があるが、下記では業態別分類(どのように取り扱うかという販売・経営方法による分類)によって小売商業形態の変革を述べていく。
    小売商業に変容を引き起こす新業態の革新は2つの側面がある。1つは店舗の立地、規模、品揃え、価格、サービスといった小売ミックス次元における革新であり、もう1つは小売技術・管理次元における革新である。これらの2つの次元で既存の小売商業には存在しなかった革新をもたらした小売企業が業態変動の担い手となる。以上を踏まえて日本の小売商業形態を振り返ると、小売業界には大きく3つの節目があると考えられる。
    1つめは、20世紀初頭における百貨店の誕生である。三越百貨店が「デパートメントストア宣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。