経営学分冊2(科目コード0841)日本型経営システムの特徴とその変容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数436
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、経営学分冊2(科目コード0841)の合格レポートです。参考資料としてお使いください(丸写しはご遠慮願います)。 課題内容 日本型経営システムの特徴とその変容について論述しなさい。
      参考資料 日大経営学教科書

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     <1、日本型経営システムの特徴>
     日本型経営システムにおける最大の特徴は人事、労務面における、いわゆる「三種の神器」である。すなわち、①終身雇用、②年功序列、③企業別労働組合の存在である。
     終身雇用とは、新規学卒者を正規の従業員として採用した場合、特に問題のない限り定年まで雇用するという暗黙の契約である。終身雇用のメリットには従業員の共同体的安定意識や愛社精神を醸成すること、企業内での熟練、技術の蓄積を促進することがあげられる。
     年功序列とは、昇進・賃金体系において年齢・勤続年数・学歴という属人的要素が高く評価される人事慣行であり、年功昇進と年功賃金が軸となる。年功序列のメリットには企業の社会的秩序を安定化し、年齢、勤続年数等により賃金や地位が上昇するため、従業員の生活が安定し、企業への定着性を、高め忠誠心を強化することがあげられる。
     企業別労働組合とは、企業または事業所別に組織された労働組合のことであり、企業内労働組合とも呼ばれる。企業別労働組合のメリットには、労使ともにその企業の将来を考えるために、労使の協力体制がつくりやすいことがあげられる。
     上記の特徴は日本企業によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。