経営学分冊1(科目コード0841)経営戦略の意味、重要性、体系、多角化戦略の功罪、資源展開戦略などについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数616
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、経営学分冊1(科目コード0841)の合格レポートです。参考資料としてお使いください(丸写しはご遠慮願います)。 課題内容 経営戦略の意味、重要性、体系、多角化戦略の功罪、資源展開戦略などについて論述しなさい。 
    参考資料 日大経営学教科書

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     <1、経営戦略の意味・重要性・体系>
     経営戦略とは、変化する環境に対する組織体の創造的な適応のパターンである。
     経営戦略は、その策定される階層によって、企業戦略、事業戦略、職能別戦略と、構成要素によって事業構成戦略、資源蓄積・展開戦略、競争戦略、組織間関係戦略に分類される。
    企業戦略は、企業全体を対象にして経営活動の基本方針を示したものである。具体的には①ドメインの(事業領域)の設定と②資源の獲得、蓄積の2つが中心的な課題となる。ここでドメインとは企業が生産、販売する財・サービスの分野のことである。
     事業戦略は、製品、市場領域における競争優位を構築するための戦略を意味し、それはどのような製品をどのような市場に出していくかを実践する戦略である
     職能別戦略は、生産、販売、調達、研究開発あるいは財務、人事など、企業内の各職能についてその基本方針を示したものである。
     次に構成要素別における事業構成戦略は、ドメインの定義を行い、自社ビジネスについて、製品、市場ミックスの選択と業務範囲、重点の選択を行うものである。
     資源蓄積、展開戦略は、ヒト、モノ、カネ等の経営資源の蓄積と事業への配..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。