情報概論分冊1(科目コード0773)個人情報の保護とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数378
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、情報概論分冊1(科目コード0773)の合格レポートです。参考資料としてお使いください(丸写しはご遠慮願います)。
    課題内容
    インターネットを利用してビジネスを展開すると個人情報の漏洩が問題になることがある。この問題も含め、個人情報の保護とは何かを述べ、これを保護するためにどんな技術がインターネット上で展開されているか説明しなさい。

    参考資料 日大情報概論教科書

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ビジネスにおけるインターネット利用(電子商取引)は、昨今、一般消費者も身近に利用できるほど浸透している。例えば、スマートフォンを使用して通信事業者の回線からインターネットにアクセスし、インターネット上にあるオンラインショップにアクセスすれば、どこにいても商品の購入が可能である。経済産業省による、平成25年9月に「平成 24年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、国内電子商取引市場規模動向としては、広義のBtoB-EC(対企業)市場規模は、262兆540億円(対前年比101.7%)で、EC(eコマース、電子商取引)の浸透を確認できる数値であるEC化率は25.7%で、前回より1.4ポイント増加した。また、狭義 BtoB-EC 市場規模は、178 兆 4,720 億円(対前年比 104.1%)で EC化率は17.5%で同様に1.4ポイント上昇している。
     このように便利で迅速な取引が可能な電子商取引は今後も取引の一形態として広く普及していくものと考えられる。しかし、電子商取引については、取引時に提供する個人情報が漏えいするといった事件も起きている。
    一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。