商学総論分冊2(科目コード0811)ショッピングセンターについて共同化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数234
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、商学総論分冊2(科目コード0811)の合格レポートです。参考資料としてお使いください(丸写しはご遠慮願います)。
    課題内容
    ショッピング・センターについて述べなさい。

    参考資料 日大商学総論教科書

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ショッピングセンター(以下SC)については、一般社団法人日本ショッピングセンター協会に、「一つの単位として計画、開発、所有、管理運営される商業・サービス施設の集合体 で、駐車場を備えるものをいう。その立地、規模、構成に応じて、選択の多様性、利便性、快適性、娯楽性等を提供するなど、生活者ニーズに応えるコミュニティ施設として都市機能の一翼を担うものである。」と定義されている。
    さらに、SCは、ディベロッパーにより計画、開発されるものであり、次の条件を備えることを必要としている。
    1.小売業の店舗面積は、1,500m2 以上であること。
    2.キーテナントを除くテナントが10店舗以上含まれていること。
    3.キーテナントがある場合、その面積がショッピングセンター面積の80%程度を超えないこと。但し、その他テナントのうち小売業の店舗面積が1,500m2以上である場合には、この限りではない。
    4.テナント会(商店会)等があり、広告宣伝、共同催事等の共同活動を行っていること。
     上記の定義、基準からSCは自然発生的な商店街や、百貨店・スーパーマーケットのような単体の施設だけではなく、計画的に作られた商..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。