道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数328
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 道徳教育の研究 A判定
    設題の把握 十分
    テキストの理解 十分

    (所見)道徳教育の授業の在り方について具体的に述べられています。

    私自身、道徳を教えるには「何から教えたらいいのか」分からない状態からレポートをまとめました。分かりやすく、まとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     <設題> 「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    「生きる力」の定義
     第15期中央教育審議会第1次答申の「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」では「生きる力」を「我々はこれからの子ども達に必要となるのは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力であり、また、自らを自立しつつ、他人とともに強調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性であると考えた。たくましく生きるための健康や体力が不可欠であることは言うまでもない。我々は、こうした資質や能力を、変化の激しいこれからの社会を「生きる力」と称すること」としている。主に3つに分けられる。
    自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力(確かな学力)
    自らを律しつつ、他人とともに強調し、自ら考え、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性
    たくましく生きるための健康や体力
     「生きる力」とは、確かな学力、豊かな人間性、健康・体力の3つの能力からなる「全人的な力」であり、「人間として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。