教育原論 第1設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数618
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    s0101 教育原論 第1設題 A評価
    設題の把握、テキストの理解、共に「十分」評価あり

    私自身が分かるように、作成しました。ぜひ参考にしてみてください。

    *大変よくまとめられた良いレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <設題> ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    <ペスタロッチーの生涯>
     ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは1746年スイス、チューリッヒにて誕生。父親を早くに亡くし、母親と家政婦によって育てられる。母親と家政婦の全身全霊の愛情と教育を受ける。彼自身が幼少期に女性によって育てられたことが後に、彼の教育論に女性の重要性が影響されていると言われている。
     牧師であった祖父の影響もあり、彼も牧師になり宗教的信仰を以て救済事業に生涯つとめる事を決意する。大学に進学後、神学を志すものの、直接貧しい人や困っている人を助けたいと思い、法学を学び始める。ルソーの思想に感銘を受けたと言われている。後にペスタロッチーは祖国への愛国心と政治革命に目覚め「愛国者団」を作り政治活動に参加するようになる。1767年政治事件に関わり政治家として人々と関わることができなくなってしまった。そのため、彼自身も農民となる。
     1771年イノホーフ農場を設立し、1774年、凶作だったため貧民の子ども達があふれ、その子ども達を一人前の労働者として教育するために貧民学校を設立する。が経営難に陥り、貧民学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。